正しく適切な利用を行っても必ず避妊できるとは限らない

アイピルを用いても避妊に失敗することが稀にあります。しかし、その原因は適切に使用できていなかったことが多いようです。

失敗した時に考えられる原因一覧

以下は、アイピルを使って避妊に失敗した主な原因です。使用の際は、これらのことに気をつけると良いでしょう。

飲んでから2時間以内に吐いた
副作用によって吐き気を催すことがあります。成分がしっかりと吸収される前に吐いてしまった場合は、同量を飲み直す必要があります。

セックスから72時間を過ぎて服用した
製品の効果は時間と共に薄れていきます。72時間後に服用しても、避妊確率は75%ほどしかないと言われています。

以前の性行為で既に妊娠していた
アイピルはその時1回限りしか効き目がありません。アフターピルに限らず、日頃からしっかりと避妊をすることが大切です。また、製品の効果を確かめるなら、次の生理が来るまでセックスをしない方が良いでしょう。

子宮外妊娠した
この製品には子宮外での着床を阻止するはたらきはありません。激しい下腹痛とともに多量の出血を起こすことがあります。

アフターピルを用いても避妊に失敗する理由として「使い方が間違っていた」「子宮外妊娠を起こした」の2つに分けられます。後者のケースは稀で防ぐことが難しいですが、前者をしっかり注意することで避妊の確率はぐっとあげられるはずです。

生理が来るまでの周期などを認識しておく必要がある

とても有効な避妊方法であるアイピルですが、どんな避妊法でも失敗することがあります。「飲んだからもう心配ない」とは考えず、次の生理が来るまでは身体の様子に注意しなければなりません。

以下の症状が出た時は、すぐに妊娠検査薬でチェックしましょう

陽性と出た場合、産婦人科の超音波検査で正確に調べる必要があります。

生理が来ない
体重の変化やストレスなどで周期が乱れることはありますが、予定日から1~2週間を過ぎても来ない場合は万が一のことが考えられます。

乳房が腫れて、乳首が敏感になった
生理前に起こる症状ですが、妊娠した際はこの状態が解消されずに長く続くようです。

熱が出る
排卵後は基礎体温が急激に上がり、妊娠するとその状態が続きます。短期間であれば正常ですが、3週間以上続いた時は妊娠のリスクがあります。

生理のとき、ごく少量の出血がある
実は生理ではなく、妊娠初期に起こる着床出血であるパターンが考えられます。普段からリズムが不規則な方、出血の量が少ない方は誤認することがあるので気を付けましょう。

失敗しないよう正しい使い方を心がけると共に、身体に何か異常を感じた時はすぐに検査し、医師に相談するようにしましょう。

用途に応じて使い分けることにより効果が得られる

ピルにはいくつかの種類があります。アフターピル以外に避妊効果を持つものとして多く利用されているものの1つが低用量ピルです。これらは目的や使い方、作用が異なります。

低用量ピルには美容・健康効果もあります

アフターピルはセックスの直後に飲むもので、効果は妊娠の回避のみです。一方で、低用量ピルは日常的に飲む必要がありますが、女性ホルモンを整える作用があります。このことから避妊だけでなく、以下のようなメリットが期待できます。

・生理の時の痛みや出血を和らげる
・月経周期を安定させる
・精神を安定させることでイライラやストレス、不眠症などを解消する
・肌が綺麗になり、胸が大きくなる

しかし、あくまで避妊するための薬ですので、それ以外の効果は副次的なものと考えて、必要以上に多く飲んではなりません。

低用量ピルは優れた避妊法ですが、飲み忘れなどもあるため100%ではありません。コンドームを併用し、万が一トラブルあった時にアフターピルを飲むことがもっとも良い避妊法となるでしょう。

低用量ピルとアフターピルは、目的や使用方法、避妊以外の作用の面で違いがあります。しっかりと使い分けることで、より良い効果が得られることでしょう。

ネット購入はあくまで常備用として保管しておく

アイピルはネットで簡単に買えます。仕事の都合で病院になかなか行けない方も、あらかじめ製品を準備しておくと安心です。コストパフォーマンスの面で大きなメリットがありますが、通販サイトの利用方法にはコツがあります。

インターネットでは安価で入手可能

インターネットではとても安く買い物ができ、効果が高いとされているLNG錠でも2,000円ほどで買えます。一方で、病院で処方してもらった場合、LNG錠は3,000~15,000円ほどと言われています。保険が適用されないため、クリニックによって値段が大きく変わるようです。

通販サイトのアイピルは「常備用」

通販を利用する場合は配達まで時間がかかります。危険を感じてから注文しても性行為後の72時間後には間に合いません。その都度買うのではなく、あらかじめ準備しておくという利用方法が正しいでしょう。

購入の際は、信頼できてサービスも充実している大手の販売サイトを頼りましょう。ホームページに書かれた注意書きをよく読み、適切な使用を心がけてください。身体に何か以上を感じたら、ただちに医師に相談しましょう。

妊娠を望まない際は、あらかじめインターネットでアイピルを準備しておくことをオススメします。大切なのは、何かあった時にすぐに使えることで、安心して夜の営みを過ごせるはずです。

命に直接関わることはありませんが避妊に失敗する場合もある

アイピルを使う際は、気をつけるべき副作用と注意点があります。命に直接関わることはありませんが、避妊に失敗することがあります。

副作用について知っておきたいこと

個人差はありますが、一時的なホルモンバランスの変化からくる頭痛や吐き気、下腹部痛、胸部の違和感や痛みなど起こる場合があります。これらは軽い症状ですので1~2日ほどで治まります。

服用してから2時間以内に吐いてしまうと、成分が吸収しきれず効果が得られないことがあります。もし吐いてしまった場合は、もう一度同じ量を飲みましょう。

また、使用中の喫煙は避けるべきだと言われています。心臓や循環器などに負担がかかり、血栓症のリスクが高まるためです。

効果はその時1回分だけ

服用時にすでに妊娠していた場合、当然ですが効果は期待できませんありません。また、飲んだ後のセックスも同様で、通常通りに妊娠するリスクがあります。アイピルはあくまでその時1回限りのものだと認識し、日頃から低容量ピルを飲む、コンドームを用いるなどのしっかりとした避妊を心がけると良いでしょう。

アイピルの副作用で特に気をつけるべき点は吐き気です。また、服用した直前のセックスに対してしか効果を発揮しません。正しく服用して、しっかりとした避妊効果を得るようにしましょう。