正しく適切な利用を行っても必ず避妊できるとは限らない

アイピルを用いても避妊に失敗することが稀にあります。しかし、その原因は適切に使用できていなかったことが多いようです。

失敗した時に考えられる原因一覧

以下は、アイピルを使って避妊に失敗した主な原因です。使用の際は、これらのことに気をつけると良いでしょう。

飲んでから2時間以内に吐いた
副作用によって吐き気を催すことがあります。成分がしっかりと吸収される前に吐いてしまった場合は、同量を飲み直す必要があります。

セックスから72時間を過ぎて服用した
製品の効果は時間と共に薄れていきます。72時間後に服用しても、避妊確率は75%ほどしかないと言われています。

以前の性行為で既に妊娠していた
アイピルはその時1回限りしか効き目がありません。アフターピルに限らず、日頃からしっかりと避妊をすることが大切です。また、製品の効果を確かめるなら、次の生理が来るまでセックスをしない方が良いでしょう。

子宮外妊娠した
この製品には子宮外での着床を阻止するはたらきはありません。激しい下腹痛とともに多量の出血を起こすことがあります。

アフターピルを用いても避妊に失敗する理由として「使い方が間違っていた」「子宮外妊娠を起こした」の2つに分けられます。後者のケースは稀で防ぐことが難しいですが、前者をしっかり注意することで避妊の確率はぐっとあげられるはずです。